カテゴリ:ワンコのからだのこと( 2 )

歩き方の異常

ワンちゃんの病気の例で、関節が悪いのだというお話をよく聞きます。

股関節形成不全を発症しやすい犬種にゴールデンレトリバーがありますが、
ウエルシュコーギーや柴にも増えているそうです。

肥満にさせない、成長期や高齢になったら無理な運動をさけるなど気を付けましょう。



それから気に留めておいてほしいこと。

歩き方の異常 = 関節の病気。高齢になってきたからだけではないということ!

なんと、内臓の病気でも歩き方に変化がでることはご存知ですか。

わんちゃんがいつもと変わった歩き方をするようになったら、
老化現象だからと放置せず、念のため検査をしてあげてくださいね。


私も過去に思い当たることがありましたが、
その時はやはり内臓のことまで心配が及びませんでした。
[PR]
by esunflower | 2011-09-03 12:57 | ワンコのからだのこと

ワンコの歩き方

ワンコの歩き方を観察したことありますか。

歩くスピードによって違いはありますが、
普通に歩くよりも少しだけ早い速度で歩くとき、

同じ側の前足と後ろ足を同時に動かす歩きかたになるんですって。

家で自分で試してみましたが、けっこう難しかったです(笑)


そして、ワンちゃんは主に前足が体を支えて体全体のバランスを取ります。
6対4の割合で前足に負担がかかっていると思われます。
そしてワンちゃんには鎖骨を用いた関節がありません。
その分、肩甲骨の幅が広く、筋肉の付着面を増加させることによって、骨と骨をつなげているんですよ。

前足に負担がかかり、重たい頭も支えているワンちゃん。
意外と肩こりが多いのもうなずけます。

わんちゃんの様子を観察しながら、首回りのマッサージなどしてみてくださいね。
[PR]
by esunflower | 2011-09-03 12:00 | ワンコのからだのこと


wanの生活向上を目指してます。アロマ 手作り食 フラワーレメディ、興味のあることがたくさん♪


by esunflower

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
Diary
ワンコのからだのこと
シニアドッグ
aroma
Flower Remedies
手作り食
ホリスティックケア
わんこのセミナー
マクロビ
未分類

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2010年 01月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧